株式会社ゴールデンチャート・エー・エム・エス
OFFICE REI
「買い銘柄5週ベスト10推移と売買シグナル」の売買手法の基本についてご説明してきましたね。しかし、このサービス、売りサインには気をつけなければなりません……続きはこちら
テーマ1 たくさんの機能の中から、まずはこれを選ぼう!

私たちゴールデンチャート・エー・エム・エスでは、投資家の皆様が何度もOFFICE REIにアクセスし、納得いくまで分析されることに喜びを感じます。
 

(2012/9/28更新)

OFFICE REIにはたくさんの情報が掲載されています。どれもこれも毎日見なければならないかというと、そうではありません。今回は、「毎日見たい情報」をご紹介しましょう。

(2012/10/5更新)

今回は、OFFICE REIの中でも、毎日見る必要はないが時には集中してチェックしておきたいコンテンツについてご紹介しましょう。
 

(2012/10/12更新)

私たちは、「1円上がった」「1円下がった」と保有株の株価が上昇しても下落してもソワソワしてしまうものです。しかし、相場に振り回されていては投資で成功はできません。

(2012/10/19更新)

OFFICE REIはシステムとしてサービスをご提供していますが、REIが解説するコメントは分析する度に変わります。気まぐれで変えているわけではありません。それには、きちんとした理由があるのです。

(2012/10/26更新)
テーマ1 たくさんの機能の中から、まずはこれを選ぼう!

実生活上では「みんなと同じ行動」を取ることで安心するものです。しかし、投資の世界ではそれが通用しません。人と違う行動を取ってこそ利益を得るチャンスがあるのです。

(2012/11/2更新)

デイトレ、短期、中長期投資など、色々な投資スタンスがありますが、ご自分の生活に合った投資スタンスを取ることが一番大切だと私たちは考えます。
 

(2012/11/9更新)

REIの分析手法はテクニカル分析です。ある一定期間のデータがないと 分析を行うことができません。つまり上場して間もない銘柄は 少し注意が必要なのです。
 

(2012/11/16更新)

株価が大きく動くと、ヒトは動揺します。そしてすぐさま行動を取りたくなります。しかし、本当にそれで良いので しょうか?
 
 

(2012/11/22更新)
テーマ1 たくさんの機能の中から、まずはこれを選ぼう!

「提供されたものは全部使わないともったいない!」と思われるかもしれません。しかし、OFFICE REIのデータはそうとは限りません。これは様々な切り口で分析しているサービスです。まずは「使いやすい」と思う機能からご利用ください。

(2012/11/30更新)

OFFICE REIには「日足10日」「週足5週」などという言葉が出てきます。例えばお正月休みなどで休場が重なる場合、どのように計算すればいいのでしょうか。
 
 

(2012/12/7更新)

私たちは、たくさんの情報を見てその中から良いものを選びたいものです。もちろんその考え方は大切ですが、売買のタイミングを見る時には必ずしも正しいとはいえません。
 

(2012/12/14更新)

私たちの生活には「安全」「おいしい」など、その商品を選べば安心というものがあります。しかし投資の世界は違います。常にリスクを伴います。OFFICE REIでもそのようなスタンスで日々データを分析し、情報をご提供しています。

(2012/12/21更新)

「Aさんの投資手法を真似してもダメだから、次はBさんの真似をしよう」と、次から次へと変えても、なかなか成果は掴めない――、そうした経験はないでしょうか。
 

(2012/12/28更新)
テーマ1 たくさんの機能の中から、まずはこれを選ぼう!

「最新情報」は、投資家という視点のみならず、生活する上でも必要不可欠なものです。OFFICE REIでは、投資に役立つニュースはもとより、時には生活に必要な情報も配信するニュースメールサービスをご提供しています。

(2013/1/4更新)

OFFICE REIでは「この機能とこの機能を使い、こうやって銘柄を探してください」と特別ご説明はしません。それはどうしてでしょうか。


(2013/1/11更新)

本には大きく分けて2つの使い方があります。1つは小説のように初めから最後まで通して読むもの、そしてもう1つは辞書のように必要なところだけ目を通すというものです。OFFICE REIは、辞書と同じような使い方をします。

(2013/1/18更新)

投資家の皆様の投資資金はそれぞれ異なります。ご自分の資産規模に合わせて、OFFICE REIの情報をご活用ください。


(2013/1/25更新)

実生活では、他人と同じ行動をすることで安心するものです。しかし、投資の世界は違います。他人と同じ行動をしてはいけません。どうしてでしょうか。株価の成り立ちから考えてみましょう。
 

(2013/2/1更新)

私たち投資家には多くの悩みがあります。それを解決していかないと、だんだん感情的になり、冷静さを欠いてしまいます。そんな時はREIに相談してみましょう。感情に左右されないREIが、最新の情報で分析した結果をご提示します。

(2013/2/8更新)

「投資顧問サービス」といえば銘柄助言サービスですが、OFFICE REIではチャート分析機能にも力を入れています。ちまたのチャート分析ソフトに負けない機能を搭載しています。
 

(2013/2/15更新)
テーマ1 たくさんの機能の中から、まずはこれを選ぼう!

毎日売買サインとそのパフォーマンスを掲載する「買い銘柄5週ベスト10推移と売買シグナル」とは、どのようなものなのでしょうか。見ていきましょう。
 
 

(2013/2/22更新)

「買い銘柄5週ベスト10推移と売買シグナル」は、どのような構造で成り立っているのでしょうか。ファイルを開けると複数の表が並んでいます。今回は、どのような形でこの銘柄リストが作られているのかご紹介しましょう。

(2013/3/1更新)

「買い銘柄5週ベスト10推移と売買シグナル」を用いて投資する場合、どのようにすればいいのでしょうか。表の見方・活用方法についてご紹介しましょう。
 

(2013/3/8更新)

本サービスでは手仕舞いの売りサインが点灯します。このサインが出た時は注意が必要です。どのような考え方でサインを活用すればいいのかご確認ください。
 

(2013/3/15更新)


金融商品取引業者
登録番号 関東財務局長(金商)第721号
加入協会 一般社団法人日本投資顧問業協会
株式会社ゴールデンチャート・エー・エム・エス
Copyright © 2011-2013 GCAMS. All Rights Reserved.