株式会社ゴールデンチャート・エー・エム・エス
OFFICE REI

REIちゃんと株式投資

あなたは、株価が十分上がったことを確認してから「よし、相場が良くなったから投資しよう」という方針ですか。それとも別の戦略を取られているのでしょうか。 投資で成功するために取る「行動」をご紹介しましょう。

(2011/3/4更新)

数あるOFFICE REIのサービスの中でも特に人気のサービス「買い銘柄5週ベスト10推移と売買シグナル」をご紹介します。ここでは、ゴールデンチャート・エー・エム・エスがオススメする活用方法も解説します。

(2011/3/11更新)

「相場が良くなったら投資しよう」と様子を見ている間に、株価が上がってしまい、タイミングを見逃して いませんか。投資のチャンスを逃してしまう「投資難民」になる理由を探ってみましょう。
 

(2011/4/22更新)

仕事や趣味など、日中投資以外のことに時間を 費やすことが多い方は、深夜・早朝に投資活動を 行うものです。このような時間帯は、限られた 情報しか手に入りません。その結果、お困りにな った経験はないでしょうか。

(2011/4/28更新)

投資の目的は「資産を増やす」ことです。しかし、ライフスタイルにより、日常どれくらいの時間を投資に費やすかは、人それぞれです。あなたは、どのタイプですか。
 

(2011/5/6更新)

インターネットに情報が氾濫している現代、投資情報も「無料」で手に入ります。しかし、無数の人が見る無料情報を鵜呑みにし、投資を行っても本当にリターンを得ることが可能なのでしょうか。

(2011/5/13更新)

投資情報の中には、投資顧問にしか提供する資格のない高度な分析があります。弊社がご提供するサービスは、あらかじめ投資に関する高い知識がなくとも投資にお役立ていただけるものばかりです。

(2011/5/20更新)

OFFICE REIには、「似ている動きの銘柄、反対の動きの銘柄」というものがあります。これは、ヘビーユーザーに人気の高いコンテンツです。どのようなことがわかるのでしょうか。

(2011/5/27更新)

「似ている動きの銘柄」にランキングされる銘柄リストの役立つ使い方をご紹介します。今回は「9432 NTT」を例にあげて、実際にリストアップされている内容をご覧いただきながら解説します。

(2011/6/3更新)

「反対の動きの銘柄」とは、どのような時に活用すればいいのでしょうか。戦略的に投資を行うためのアイデアをご紹介します。
 

(2011/6/10更新)

素人投資家が玄人投資家になるためには、何十年という月日が必要です。しかし、そんなに待っていられないのが実情でしょう。しかし、経験が浅い方でも、統計データを上手に使えば、玄人投資家に負けない分析ができるのです。

(2011/6/17更新)

震災以降大暴落した東京電力と似ている動きをする銘柄と反対の動きをする銘柄は、どのようなものが登場するのでしょうか。多くの方がイメージされている銘柄と、システムがテクニカル分析した結果では、大きく結果が異なるでしょう。

(2011/6/24更新)

似ている動きの銘柄、反対の動きの銘柄のリストを見ても、ご自身の意向に合わないものが出てくる場合があります。その時、どのような対応を取ればいいのでしょうか。

(2011/7/1更新)

「アクセスするたびにREIは違うコメントを発する……」一般的に、分析コメントは1パターンというイメージが強いかもしれませんが、REIは違います。
 

(2011/7/8更新)

OFFICE REIの銘柄助言は、投資家の皆さまの投資スタンスに合わせて銘柄を選んでいただけるよう構成されています。どのような視点で構成されているのかご紹介しましょう。

(2011/7/15更新)

OFFICE REIは、投資スタンスに合わせてご利用いただけるように分析結果をご提示しています。まずは、あなたご自身がどの投資スタンスで相場に臨むのかご確認ください。

(2011/7/22更新)

あなたが臨む投資に少しでも近いアドバイスができるようにと、OFFICE REIでは様々な工夫がなされています。その1つが、「順張り」「逆張り」「ハイリスクハイリターン」の中から銘柄を選択する方法です。

(2011/7/29更新)

相場は、いつも同じ動きをしているわけではありません。 その時々によって相場の動きは異なります。つまり、 私たち投資家は、それに合わせて投資手法を変えなければ なりません。銘柄選びも同じです。

(2011/8/5更新)

OFFICE REIの「銘柄助言」では、「買い銘柄」「売り銘柄」という基準で銘柄を分析しています。 それぞれ、どのように使っていけばいいのでしょうか。
 

(2011/8/12更新)

OFFICE REIの「銘柄助言」を使えば、全12通りのカテゴリーから銘柄を選ぶことが可能です。投資スタンス、戦略等に基づき銘柄を選びだすことができるというわけです。

(2011/8/19更新)

少しのリターンを積み重ねる短期投資と、じっくり保有し大きくリターンを得る長期投資では、損切りに対する考え方は違ってきます。どのように考えていけばよいのでしょうか。

(2011/8/26更新)

OFFICE REIには、「投資スタンス別銘柄選定」や「総合評価リスト」など様々なカテゴリーで銘柄を分類しています。その違いは何でしょうか。
 

(2011/9/2更新)

OFFICE REIは、投資スタンスによりデータを更新する日が異なります。どのように最新の助言内容を公開しているのでしょうか。

(2011/9/9更新)
テーマ1 投資顧問OFFICE REI
OFFICE REI でご提供するチャート
OFFICE REI で実践





金融商品取引業者
登録番号 関東財務局長(金商)第721号
加入協会 一般社団法人日本投資顧問業協会
株式会社ゴールデンチャート・エー・エム・エス
Copyright © 2011-2012 GCAMS. All Rights Reserved.